敏感肌なら洗顔方法に気を付けよう|丁寧に洗うのが鍵

ウーマン
  1. ホーム
  2. トラブルのない肌を作ろう

トラブルのない肌を作ろう

レディ

乾燥は肌の大敵です

敏感肌の人は毎日の洗顔ひとつとっても大変なもの。洗浄力が強すぎるものは敏感肌を加速させてしまいますし、かと言ってちゃんと洗わないとくすみやごわつきなど、トラブルの元となってしまいます。敏感肌の主な原因は肌の乾燥にあります。通常、肌の角質層にはセラミドと言われる潤い成分が存在し、セラミドが細胞と細胞の間を満たすことで肌をバリアしています。乾燥などでそれが不足すると肌本来のバリア機能が低下し、ちょっとした刺激にも反応しやすくなります。敏感肌とはまさにこの状態。つまり、肌の潤いを取り戻すことが大切になってくるのです。敏感肌の人の洗顔で大切なのは、潤いを保つことと、肌に刺激を与えないこと。セラミドやヒアルロン酸配合の洗顔料をしっかり泡立て、優しく肌をなでるように洗いましょう。但し、化粧品に配合されているセラミドにはたくさんの種類があります。「ヒト型セラミド」と呼ばれるものが人間の肌のセラミドを補うのに最も効果があると言われていますので、成分表示をよく見て選ぶようにしましょう。ヒアルロン酸は潤いをキャッチして閉じ込める力に優れています。また、界面活性剤など洗浄力の強い成分が多く含まれているものは肌を傷つける原因になりますので控えるようにしましょう。洗顔料を使うとヒリヒリしたり痒みが酷い場合はしばらく水やぬるま湯での洗顔に切り替え、症状が緩和されてから洗顔料を使うようにするとより効果的です。毎日行う洗顔に気をつけることこそ肌状態を改善するための第一歩です。根気よく丁寧に洗顔し、健やかな肌を手に入れましょう。