敏感肌なら洗顔方法に気を付けよう|丁寧に洗うのが鍵

ウーマン
  1. ホーム
  2. 敏感肌の手入れ

敏感肌の手入れ

婦人

洗顔は正しくする

普通肌や乾燥肌や脂性肌など、肌質には様々なタイプがあります。肌質の中で1番厄介なのが、敏感肌です。敏感肌とは、ちょっとした刺激で赤くなったり、痒くなったりするデリケートな肌質のことです。化粧品に含まれている成分で肌荒れを起こしやすいのが特徴です。また、生まれつき皮膚が薄い人も、敏感肌になりやすい傾向があります。皮膚が薄いと美顔器やフェイシャルマッサージでシワになりやすいので要注意です。後天的に敏感肌になる人のほとんどが、普段のスキンケアを間違っています。またはスキンケアをしすぎて肌をいじりすぎたり、美容成分を与えすぎたりすることも原因です。まず毎日の洗顔が間違っていると敏感肌になります。洗顔をするときには、洗浄力が強い洗顔フォームではなく、固形石鹸を使うのがお勧めです。洗顔フォームは油分を分解しすぎるので、皮脂バリアが破壊されて敏感肌が悪化します。固形石鹸を使う場合は、しっかりと泡立ててから使用します。泡立てネットを使うと、濃厚で弾力のある泡が簡単に作れます。そして泡で汚れを浮かすように洗い、最後にしっかりとすすぎます。すすいだあとは、すぐに化粧水で保湿をすることが大切です。界面活性剤や防腐剤などの成分で肌荒れしやすい人は、なるべくシンプルな成分を配合している化粧水を試してみるのがオススメです。高級ブランドの化粧水でなくても、プチプラでシンプルな化粧水をたっぷり使用するほうが潤います。